ランニング・ジョギング

走ったあとは、ほぼ全身、水シャワーが良い。

2014年3月から走ったあとはかならず、水シャワー、アイシングともいうのでしょうか、そういうのをやっています。

きっかけは、立花岳志さんのブログを読んでいて、

アイシングをしたほうが足の疲れが取れる」ということで真似したことです。

最初のころ、ランニングシューズを履いて走っていたので、筋肉痛がすごくて、冷やしたら、すこしづつ痛みが取れて走りやすくなったのを覚えています。

created by Rinker
¥1,223
(2021/04/13 00:08:31時点 楽天市場調べ-詳細)

その頃から、最近まで、冷やすのは足だけやっていて、それで疲労や筋肉痛になるのとかとれていたのですが、

今年の10月ぐらいから首から下全部を冷やすようにしましたが、体のほとんど全部冷やしたほうがいいです。まちがいなく。

ずばりいうと、体がスッキリします。

体がスッキリを含めて色々あるので書きますと

・全身水シャワーで体がスッキリする。股間から首から全部冷やすので超すっきり。

・首に水を当てて首と脳を冷やすと頭がスッキリする。

・髪が柔くて量が少ないのですが、首から下の水シャワーをしたほうが、髪がうねらない

寒さに強くなる。

・体が清められるので、もやもやがなくなる。邪気が取れる感じ。

です。

水シャワーをやっている時間は、体が冷えるまでで、いまは秋でそれほど寒くないので、5分以上10分以下ぐらい、冷やしていると思います。

金哲彦さんの誰でも「たった20回」の練習でフルマラソンを完走できる!でアイシングが紹介されていて

アイシングをすれば、筋肉の中の血液の流れがよくなる。

と、さらっと書いています。

試したわけではないですが、走ったあとに限らず、イライラして熱くなったとき、怒ったときや、夏場だらだら汗を書いたときは、首から下を水シャワーして、脳を冷やして冷静になったり、体温が下がれば汗は止まるので、汗止めに使ったりするのもいいかもしれません。

あと、首や背中には褐色脂肪細胞があって、そこを水で刺激すると脂肪の燃焼がよくなるので、ダイエットにもなりそうですね。

水シャワー、いまは11月でまだ水はそれほど冷たくないので、気になった方はお試しくださいませませ。

ではでは〜。

おまけ
この本に褐色脂肪細胞のことが書いています↓

アイキャッチ画像はhealth enewsから引用させていただきました。