10日記

2014年9月29日に書いたこと。【できないといって決めつけない。淡々とできることをする】

昨日、TOEICを受けたのですが、
リスニングの解答欄を間違えたり、
捨て問題を捨てきれず、
リーディングが思ったよりできなかったりして、
全く出来ませんでした。

勉強をして望んだので、
「んー、こんなはずではなかった。」
と少々落胆しております。

悔しいので、腹いせに (どんな?!)
『内川家』という本を読んでいたら、
「スランプについて」
こんな言葉がありました。

***
スランプは次に進むための壁なのであり、
スタンプがあったらいけないというふうには考えない。

人間は階段状に進歩するのであって、
しばらくは高原状態といって、成長しない時期があり、
突如なにかのキッカケでポンと一段上がっていく。

そしてまた変わらない状態があって、また上がっていく。

スランプであっても本人のなかでは力の蓄積であったり、
いろんなことを学んだり感じたりしているかもしれない。

それをダメだと外からレッテルを貼ってはいけないのである。
***

英語学習は積み上げていっているので、
徐々に実力は上がってきていると思うのですが、
今、プラトー(高原状態)に入っていますね。

『内川家』にかかれていたとおり、

「できなかったといって決めつけない。
しっかりやっていきます!」

まとめ

TOEICはできなかった。。。
内川家を読んで、やる気が出た。

だめだからと言って、だめと決めつけません!
積み上げていきます!

ではでは〜。

created by Rinker
¥1,324
(2021/04/14 04:21:59時点 楽天市場調べ-詳細)

アイキャッチ画像はfacebook.comから使わせてさせていただきました。