ジョギング走行記録

連続出走3477〜3567日目。2023年走った距離は1739kmでした。一般的に3ヶ月続かないひとが半数。

連続出走3477〜3567日目

2023年11月6日〜2024年2月4日

天気、気温、場所、シューズ

2024年2月4日
天気 曇り
気温 11度
場所 公園
シューズ ワラーチ

運動日記

どのような運動をしたか

ルンルンペースで走りました。

雲はありましたが、日差しがあって良かったです。

どんないいことがあったか

日差しがあって心地良いなか走れたのは良かったです。
2月に入ったのにもかかわらず、気温も高めなのがいいですね。
このままいけばいいですが、2月なのでまた寒くなりそうですね。

2023年走った距離は1739kmでした。

2023年走った距離は1739kmでした。

距離はだいたいいつもの感じですね。
怪我をしなかったのが良かったです。

このまま順調に行くと、今年の5月1日で10年連続出走達成となります。

いまは、5月1日まで走るつもりなので、やる気になっていますが、「5月1日以降は毎日走らなくても良いのでは。」と思っているので、連続出走はやめるかもしれません。

走ったことがある、5割のひとは3ヶ月ランニングを継続することはできない。

私は3567日間、なにかに取り憑かれように走っているのですが、一般的には「どれぐらい継続できるのか」書かれたデータがあります。

スポーツメーカーのデサントが20〜39歳の男女225人に行った調査です。

『走り方で脳が変わる』という本に書いていました。
******
スポーツメーカーのデサントが20〜39歳の男女225人に、ランニングの実態調査を行っている(2013年10月から11月実施)。

それによると、「あなたが以前ランニングを継続できた期間はどのくらいですか」という質問に対し、「1週間未満」と答えた人が12.0%、「1週間以上1ヵ月未満」と答えた人が19.1%。これだけで全体の3割ほどになる。

また「一か月以上3ヶ月未満」と答えた人は21.8%。実に半数以上の人が3ヶ月続かなかった、と言うことなのだ。
******

2013年のデータなので、すこし古いのですが、

1ヶ月続けることができなかったひとは3割、
3ヶ月続けることができなかったのひとは5割となります。

調査をしたひと半分が3ヶ月以内に脱落していますね。

Xで繋がっている方はごりごりのランナーが多く、ストイックな方も多いので、まったく当てはまらないと思いますが、ランニングをこれからはじめよう。と思っているあなたは、3ヶ月続けることができたら、すばらしいです。。

created by Rinker
¥1,155
(2024/02/23 01:51:54時点 楽天市場調べ-詳細)

頻度が高いと失敗しやすい。義務になると続かない

ちなみに、この本、続けられなかった理由も書いていまして、

******
ランニングの継続時間と頻度の関連性の調査では継続期間が短いランナーほど、
ランニング開始当初は「頻度が高かった」そうだ。

要するに、最初にがんばりすぎてしまい、「こんなペースでは続けられない」と失速していったタイプである。
******

とありました。

さらに、こんなことも、、、
******
また、きっちりランニングのスケジュールを立てたものの、それが守れないことに罪悪感を覚え、フェードアウトしてしまう人もいる。走ることが義務になっては続かない。人間、苦しい事しか続けられないのだ。「走らなきゃ」と思えば思うほどランニングが「苦行」になってしまう。
******

とのことです。

頻度多いとか義務にしてしまうとかは、まじめの典型だとすぐ止めやすいんですね。

私も、ルールを決めたらわりと守るタイプで、どちらかというと、まじめなほうなのですが、この場合は当てはまらなかったようです。

私がおもう続けることができた理由

じゃあ、わたしはなんでこんなに続けられているかというと、あげようと思えばいくつもあるのですが、主なのを3つ挙げるとこんなかんじです。

それは
・すこしの距離でも走ったらオッケーということにしている。
・ゆっくり走っても良いことにしている。
・ワラーチを履いたり、裸足で走ったりして怪我をしにくくしている。
です。

まず、すこしの距離でも走ったらオッケーということにしている。というのは、時間がないときは、1キロちょっとでもオッケー、10分走らなくていい。としています。とりあえず走れればいいという考えです。

加えて、ゆっくりでも良いことにしています。ワラーチで毎日走っていると、クッションがないせいか、スピードが出にくいです。早く走ると疲労も足のダメージもそれなりになるので、キロ7分とかのゆっくりマイペースで走っています。

最後に、ワラーチを履いたり、裸足で走るということです。ここのポイントは、クッションをなくすというのがポイントです。私は靴を履いたり、クッションが強い靴を履くと足首とか膝とか股関節とかいためやすいので、ワラーチとか裸足で走っています。ワラーチや裸足で走ると怪我をしにくいです。最初は、足に痛みがでるかもしれませんが、痛みがでない走り方をしていくことで徐々に整ってきます。不安な方は裸足ランニングクラブやマンサンダルのFBグループとかありますから、そこで情報収集したり、練習会にでたりすることができます。

「距離を走らんとかゆっくり走るとか、こんなん邪道やろが」とおもう方もいると思いますが、走ることで、体つきがしっかりしてくるだけでなく、記憶力が良くなったり、睡眠が良くなったりするので、しばりをかなりゆるくして、とりあえず走っとくのは、距離とかスピードとか決めて走るより、メリットが大きいと思います。

まとめ

今年走った距離は1739kmだった。
はんぶんくらいのひとは3ヶ月継続できない。
継続できない理由は、走る頻度が高い、義務化しているから。
個人的に続けるには、距離は考えない、ゆっくり走る、ワラーチ等をつかう。です。

ではではー。

前の日へ次の日へ